So-net無料ブログ作成

ガソリン価格について一言。 [雑感]

こん○○わ。みまさか81号です。

今日はガソリン価格について一言。

先月1日、暫定税率の期限切れにより、リッターあたり約25年ガソリン価格が下がった。政府与党が衆議院で再可決して5月1日より最値上げとなった。しかも、3/31時点よりもガソリン価格が上がってレギュラーガソリンの価格は160円台との事。

何か釈然としない方が多いのではないか。

私は地方には住んでいないが、地方の方へ行くと、公共交通があまり発達していない。(このブログのメインは鉄道写真であるが、地方のローカル線なんか撮りに行くと、1~2時間間隔しか走っていない所はざら、最近は鉄道自体が廃線になり、バス路線も赤字路線は切りすてられる始末)地方の方は、平均所得が少ない所も多い。地方に行くと、車が一家に4~5台、一人に一台という所もある。家計の影響は計り知れない。

リッター160円というのは過去最高である。原因は原油価格が高騰しているのも原因ではあるが、政府与党は初めから「税収不足はまかりならん」といって、道路特定財源にしてもどこの道路を作り、どこに経費がかかり、どこが無駄か検証もせす(実際に無駄な経費はたくさんあるという疑いは私の中でも根強い)、この原油高騰の世の中、強引に再可決に踏み切ったものだから、不満もたくさん残ったのであろう。

せめて現状の詳細を検証してどれだけ財源が必要か政府は示したか。

はたまた原油価格が下落するまで暫定税率を据え置く事は出来なかったのか。

政府与党にはこう言いたい。

この調子だと、政権も交代するかもね。

では、また。[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自己責任の崩壊 [雑感]

こん○○わ。みまさか81号です。
最近思っていることを書きます。
最近、自己責任が壊れてきていると思いませんか?
一例を挙げますと、私が以前いた貸金業界はクレサラの弁護士達が声を上げて「利息が高すぎる」「審査がゆるいのではないか」「自殺者の原因の一端には多重債務者問題がある」挙句の果てには「多重債務者はかわいそうなので助けてやりたい」という気持ちになり、それが政府や司法やマスコミが乗っかってしまい、法律改正や過払い返還などの影響で、貸金業界は瀕死の状態、大手以外は業者が残らないとも言われている。

しかし、この多重債務者、なぜあなたはあちらこちらから借りたのですか?が問題であり、その中で、ギャンブルで多重債務者になった人が一番の問題だ。しかも割合的には多い。

このギャンブルで多重債務者になった人、助ける必要性がありますか?

税金使って助けるなんでとんでもない。それこそ自己責任をまっとうしてほしい。

最近、多くないですか?義務を果たさず、責任を持たず、要求だけは一人前という事を。

学校の先生が保護者の対応で以前よりも疲弊していると聞きます。
いわゆる「モンスターベアレンツ」の問題であります。
どう考えても自分もしくは自分の子供の責任は棚にあげ、学校もしくは先生に無理な要求、はまたま脅しとも取れる言動。

昔ならば自分で責任を取らなければならない行為も他人のせいにしてしまう風潮

もう一つ、医療費の未払い問題から見ても自己責任の崩壊が見える。
本当にお金がなくて医療費が払えないというのならわかるが、中には払いたくないために、なんだかんだわけのわからない言い訳をして踏み倒していく。

医療費だけでなく、家賃や公共料金でも同様だ。

まあ、電気・ガス・水道は滞納すれば止められるだろうが・・・・

これらの例にとっても自分の責任は全く問わず、要求ばかりが増えていく。

まさに自己責任の崩壊だ。



自分も含め、その風潮を正していかなければならないと思うのだが、いかがなものでしょうか?

では、また。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

派遣業界の品格 [雑感]

こん○○わ。みまさか81号です。

今回は派遣会社の事についてブログにアップしたいと思います。

先日、派遣会社の正社員の面接(職種はコーディネーター)をしに行った時の事

面接の時間の10分前に着き、会社に入っていった。中堅の派遣会社だったが、事務所は思ったより小さかった。

入ったら、私の前に面接に来ていた人はまだ面接中であった。

受付の人は「少々お待ちください」と言った。

よーく見ると、音楽がかかり、派遣スタッフが3.4人。事務スタッフが1人。待っている間に事務所でタバコを吸う人もいる始末。

ついたてのすぐそばで面接をしているので、面接内容まる分かり。

「プライバシーもないなあ・・・」と思った。

前の人の面接も終わったら、その面接官は事務所の責任者の様子でもあり、スタッフに話しかけられる。

が、返す言葉は友達言葉だった。

「いくらスタッフとは言え、友達言葉はないだろう。親しき仲にも礼儀ありだろ・・・」

次に私の面接の番になって、面接官がまず、「履歴書と職務経歴書を出してくださいませんか。」

というと「必要ないと言われましたが」と言った。

実は面接が決まった時点のメールでは履歴書・職務経歴書は触れていなかったので、確認のため履歴書と職務経歴書が必要ですかとわざわざメールで質問した所、必要ないという事で、今回持っていかなかったが、当の面接官は知らなかったのか、他の応募者と区別しているのかは知らないが開口一番にその事が言われ、非常に不愉快な気持ちと勘繰る気持ちが出てきた。あまりいい気はしなかった面接であった。面接官は若い感じであり、コンプライアンスが大切だと言っていたが、前述の通り、コンプライアンスよりももっとスタッフのプライバシーを大切にした方がいいよと私は思ったが。

去年末、派遣会社大手で髪型がへんな社長の会社「グッドウイル」が二重派遣を繰り返ししていたとして業務停止命令が出た。人を会社に派遣してその上前で儲けるこの業界は、思ったよりも儲かると思ったのか、雨後のたけのこのように大小さまざまな会社が乱立しており、当然、儲けしか頭のない会社は、スタッフに安い賃金で働かす。保険も労災も降りない、わけのわからないデータ管理費で天引きする。コンプライアンスを守れないといった弊害がここのところ出てきている。

まるで、以前の金融業界である。

いったい、派遣業界の品格はあるのだろうか?

いまは無いと言った方がいい。しかし、これから先このまま品格のないままいくと、お上からの締め付けがかなり厳しくなる事は予想される。その時にコンプライアンスやプライバシーの大切さに気づいても遅い。もう、その時は会社は淘汰されているはずだからである・・・

以前、テレビで「ハケンの品格」というのをやっていたが、今は「派遣会社の品格」が問われる時代である。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊勢のお菓子は赤福だけ? [雑感]

またまた、登場しました。みまさか81号です。

ここでは最近あった出来ごとを取り上げて見たいと思っております。

以前のこのプログで私は以前三重県に住んでいた事があると紹介し、伊勢神宮で赤福を食べた事も紹介しました。

今更の話ではないですが、その赤福が食品表示の件で不正表示があり、本店も営業停止状態であります。

赤福といえば伊勢の代表的なお土産。それだけでない、良く似た「御福餅」や「へんば餅」、「太閤餅」も不正表示や表示間違いがあったとの事。

では、伊勢のお菓子は赤福だけか?

答えは違います、伊勢には、他に虎屋のういろう、二軒茶屋餅など、まだまだ沢山のお菓子があります。

特に「虎屋のういろう」あれは、絶品です。一度食べたら、また食べたくなります。ただし、日持ちしません。

しかし、「赤福」は大きな事をしでかしました、30年間、消費者をだましている行為をしていた事になります。

そのお膝元の伊勢は神社の総本山がある伊勢神宮がある所。特に伊勢神宮・外宮は食物の神様。

神様のばちが当たったのか。何ともなさけない

しかし、今年は、「食の不正」の大流行の年でした。ミートホープ・白い恋人・赤福・船場吉兆・・・・

前も書いたが、コンプライアンス(法令順守)を守れない企業は淘汰される。

先程、ブログにも書いたが、人を大切にしない・人を物のように扱う企業は繁栄せず。

この2つが企業にとって生き残るのには大事な点であると私は思う。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感